女性用風俗・女性向け風俗なら心を濡らす クーガー女と黒王子

info@urbancougar.net

新大阪送迎サービスはコチラ

MM会員ログイン

ログイン情報変更依頼

サイドジョブキャリア向上委員会

新大阪送迎サービスはコチラ

お泊りコースが新しく追加されました
  • 2020/01/28入店

    指名料2,000円

    誠実な見た目とは裏腹夜は・・・・

    リョウマ(27)

    T.170
    • NEW
    • 細マッチョ
    • 白王子
    • 黒王子
    • 会話上手
    • マッサージ上手
    • 料理上手
    男も女も何を求めて異性を買うのか。それは“性”ではなく“私”。「私」の回復「私」の発見「私」の確認なのだ。“性”とは常に“私”をめぐる物語なのです。
    また女性も女性用風俗を利用することによって、罪悪感を感じずにその気分が味わえます。また男性のように抑えきれない性欲のためだけではなく、「性欲」という言葉で単純に割り切れない、女性だからこそ抱える問題や悩みを聞き、心を裸にいたします。
    リョウマが普段勤務しているの会社の壁には、大きな掛け軸が掲げられている。その文字は「どんな相手も切り捨てない」。半導体業界の厳しい競争を勝ち抜くために、彼が提案した掲げている社訓だ。
    最強のパートナーを選ぶため、リョウマは、日々どん欲に人に会う。彼は、どんな話でも、必ず交渉の席に着く。思わぬアイデアや情報を手にすることがあるからだ。
    もちろん、実際に提携が成立するのはごく一部。だが、彼は成立しなかった提携話でも、話を決して終わらせない。今後の提携を探りながら、交渉を続ける道を残す。
    いつ誰が必要になるか分からない。だから彼は、一度握った手を離さない。それは女性相手でも同じ。
    “最後は人で決める”
    どんな提携にも、リスクは常につきまとう。メリットとデメリットは常に表裏一体だ。提携するかどうかを決める時、彼は上司と意見を戦わせる。彼はメリットを主張する側、上司はデメリットを主張する側に立ち、リスクの大きさを見極めていく。
    そして、最後の結論を出すのはリョウマ。その時、彼が何より重視するのは、交渉相手の人柄だ。リョウマは言う、「会社の名前は関係ない。いやむしろ、大企業と手を組む時ほど、責任者の人柄が大事。その人がどれだけの能力と熱意を持っているかで、提携がうまくいくかどうかは、ほとんど決まってしまう。」
    数々の交渉の中から、彼がつかみ取ってきた流儀は、例えばこんな具合だ。
    「甘い言葉を吐くやつは信用できない」、
    「思いやりがないやつは本気でビジネスを考えていない」、
    「信じられるのは、自分にも相手にも厳しい人間」
    女性向け風俗のキャストとしても、リョウマは“どんな女性も切り捨てない”。