女性用風俗・女性向け風俗なら心を濡らす クーガー女と黒王子

info@urbancougar.net

新大阪送迎サービスはコチラ

MM会員ログイン

ログイン情報変更依頼

サイドジョブキャリア向上委員会

新大阪送迎サービスはコチラ

  • 2019/06/18入店

    指名料2,000円

    Uber ライダー

    ガルマ(23)

    T.170
    • NEW
    • 白王子
    • 会話上手
    男も女も何を求めて異性を買うのか。それは“性”ではなく“私”。「私」の回復「私」の発見「私」の確認なのだ。“性”とは常に“私”をめぐる物語なのです。
    また女性も女性用風俗を利用することによって、罪悪感を感じずにその気分が味わえます。また男性のように抑えきれない性欲のためだけではなく、「性欲」という言葉で単純に割り切れない、女性だからこそ抱える問題や悩みを聞き、心を裸にいたします。
    『えぇぃ。私とてザビ家の男だ!』
    TVのCMなどで広く知れ渡るようになったUber Eats。いま、グルメデリバリーの現場では“ガルマ”のようなフリーの配達員が欠かせない存在となっている。その彼の出動回数は1日平均20回...全国でトップクラスだ。
    Uber ライダーとして2年のキャリアを持つガルマは、距離による遅れを問わない、幅広い道順の知識とバイクの運転経験を有するスゴ腕。
    そのガルマは、Uber ライダーのあるべき姿を、こう考えている。
    『ジオン公国にぃーーー!! 栄光あれぇえええーーー!!!!!』

    たとえ遠方でも、『配達時間の限界』など決められないというガルマ。常にフルスピードしてお客様と向きあってきた結果、彼の担当地域の時間内配達率は格段に上がった。
  • 2019/06/11入店

    指名料2,000円

    どんな時も、そばにいる

    スーパードクター・K(26)

    T.182
    • NEW
    • 黒王子
    男も女も何を求めて異性を買うのか。それは“性”ではなく“私”。「私」の回復「私」の発見「私」の確認なのだ。“性”とは常に“私”をめぐる物語なのです。
    また女性も女性用風俗を利用することによって、罪悪感を感じずにその気分が味わえます。また男性のように抑えきれない性欲のためだけではなく、「性欲」という言葉で単純に割り切れない、女性だからこそ抱える問題や悩みを聞き、心を裸にいたします。
    “どんな時も、そばにいる”
    リハビリセンターで働くスーパードクターKの患者の多くは身寄りをなくしたり慢性的な凝りに悩むなど、さまざまな課題を抱えている。そうした人のなかには自分の健康や命を大切にできなくなり、医療から遠ざかっている人も少なくない。彼は人知れず苦しんでいるそうした人に手を差し伸べてきた。そこには深い困難を抱えた人こそ支えたいというスーパードクターKの信念がある。
    “どんな時も、そばにいる”
    『困難にこそ、飛び込む』志でこの女性用風俗の世界に飛び込んだスーパードクターKは、女性の多くが好きな男性と結ばれない満足できないという、その苦しい胸のうちを誰にも明かせずにいる。彼はそうした心の奥に潜む、声なき声に耳を傾ける。その人たちの心情にいかに寄り添えるかが大事だと思うんです。
  • 2019/06/09入店

    指名料2,000円

    あれだけ苦しいところから這い上がってきたんだから、 今のオレにもできるはず。

    カープ(38)

    T.174
    • NEW
    • 細マッチョ
    • 白王子
    • マッサージ上手
    男も女も何を求めて異性を買うのか。それは“性”ではなく“私”。「私」の回復「私」の発見「私」の確認なのだ。“性”とは常に“私”をめぐる物語なのです。
    また女性も女性用風俗を利用することによって、罪悪感を感じずにその気分が味わえます。また男性のように抑えきれない性欲のためだけではなく、「性欲」という言葉で単純に割り切れない、女性だからこそ抱える問題や悩みを聞き、心を裸にいたします。
    カープの担当するポジション・クローザーは、心理的な負担が大きいポジションだ。マウンドを託されるのは、接戦で勝っている試合の終盤ばかり。彼が逆転を許してしまえば、それは負け試合となってしまい、その責任を一心に背負わなければならない。

    自分を信じる“準備”

    日々、大きなプレッシャーにさらされるクローザーの仕事。その重圧と闘う上で、彼が大切にしていることがある。それは試合中のことではなく、試合の前後に行う徹底した“準備”だ。
    趣味の草野球の試合の日の朝と女性向け風俗店出勤の日は、彼は必ずいちばん乗りする。そして試合のあとも勤務のあとも、必ずいちばん最後に店をあとにする。自分が働いている場で過ごす時間を増やすことで、誰よりも時間をかけて次回の準備と今回の反省を。そして疲れを最小限に抑える。さらにその上で、トレーニングなどの調整も誰よりも細やかに行う。
    常に準備を徹底することで、自分の中で不安要素となりうるものを1つ1つ消していく。そして毎日、それを怠らずに続けることで、「自分は誰よりも準備してきた」という自負が持てるようになっていくという。
    「1日でも今日はいいやと思って準備を怠れば間違いなく打たれるし、女性のお客様にも満足されない。自分を信じられるようになるために、努力するわけです。練習するわけです。」
  • 2019/06/07入店

    指名料2,000円

    レベルなんてタダの数字だよ。 この世界での強さは、単なる幻想に過ぎない。 そんなものよりもっと大事なものがある。 次は現実世界で会おう。

    キリト(24)

    T.168
    • NEW
    • 細マッチョ
    • 会話上手
    男も女も何を求めて異性を買うのか。それは“性”ではなく“私”。「私」の回復「私」の発見「私」の確認なのだ。“性”とは常に“私”をめぐる物語なのです。
    また女性も女性用風俗を利用することによって、罪悪感を感じずにその気分が味わえます。また男性のように抑えきれない性欲のためだけではなく、「性欲」という言葉で単純に割り切れない、女性だからこそ抱える問題や悩みを聞き、心を裸にいたします。
    クラブで働く女性キャスト100人からボーイに寄せられる相談や苦情は、1日200件以上。「どうやったら指名をとれますか?」「彼氏からLINEの返信がない」「鍵を落とした」「◯◯ちゃんが枕している」など、深刻なものや中にはプライベートなことも多い。キャストと向き合うとき、キリトが大切にするのは、「言葉の向こうの“心”を読む」ことだ。

    “仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃならないものがある。”

    たとえば、キャストから「ドレスを忘れた」と言われたとき。すぐに貸衣装店へ連絡。すでに予約はいっぱいだった。しかしこんなときでもキリトはあきらめない。「ドレスを忘れた」という言葉の奥に、彼女らはどんなことを望んでいるのか? キャストの心の内を徹底的に読み解いていく。キリトは言う、「ボーイの仕事の8割9割は、どれだけ相手に近づけるかということ。考えていること、イメージしていることが「これだ!」っと合ったときに、これをして差し上げれば喜んでくださる、ということが分かる。それが醍醐味」。女性の真意を深く丁寧に読み取るからこそ、キリトの代案は、キャストを期待以上の満足へと導く。

    “死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ”